「雛」 / 天せいろ2006年11月14日 18時52分49秒

小倉町の「雛」に行ってきました。
小桜橋通りと東金街道に挟まれた、実にひなびた地域にあります。逆に普段はほとんど通らないところです。
ぶっちゃけ、説明しにくいです。目印が何も無いので・・・

それでも説明すると、R51を千葉から下ると桜木町交差点で左方向にR51が逸れますが、それを直進すると小桜橋通りになります。千葉東警察署を目指すと良いでしょう。桜木町の交差点から3つ先の信号で、左折方向に加曾利貝塚に抜ける道がありますが、その信号を右折します。急に道が細くなりますが進み、桜ヶ丘養護学校を右手に進むと急に田んぼな景色になり、T字路に出ます。それを左折すると真正面にあります。
ふー、これで分かるんかいな。

お店の外観はこんな感じ。



実に自然豊かな雰囲気。古い家を改装したような造りですね。
ちなみに駐車場もすぐ近くに。何故かBuellが停まっています。
店内はこれまた古い家の雰囲気そのもの。玄関には循環式の水が湧き出るオブジェ(柄杓がついてはいますが、多分飾りでしょう)、お香、謎のキノコが生えた植木鉢。
その横にはコルクボードにバイクの写真と、ご主人のお友達のお店でしょうか、いろいろ名刺が貼ってあります。

席は古めかしい居間のようなところで、机が4~5ほど、縁側にテーブルがあります。足が悪いと言うことでわざわざテーブルに通してもらいました。
テーブルからは庭?が見え、小さな池に金魚が泳ぎ、実にオーソドックスな昔の家です。
ただ植え込みがやたらにあって外の景色は見えません。ひなびたところだから、見せちゃってもいいと思いますが。

さて、今日は天ぷらの禁を解き、天せいろを頂きます。



蕎麦はやや太めでコシが結構強めです。香りや甘みは十分あります。表面がつるつるしているので、しっかり噛んで味わった方が良さそうですね。
つゆはやや辛口ですが、甘みも感じます。バランスのいいつゆですね。醤油よりもダシの味を前面に出しているつゆです。鰹だしががっつりと効いてて、酸味を感じるほどです。しかし魚臭さはないので純粋に旨味を味わえます。
なかなか食べ応えのある蕎麦です。大盛りは自粛しましたが、普通盛りでも十分量があります。

天ぷらは、えび、なす、にんじん、まいたけ、アスパラ、かぼちゃです。



赤みがかった大きな結晶の塩で頂きます。アンデスの岩塩とかいうやつかな?
塩ですからしょっぱいですが、その奥に少し甘みを感じます。不思議な塩です。
えびはぷりぷりとして、にんじんやかぼちゃは甘さを楽しめます。塩がまた合いますね。抹茶塩が割りと定番ですが、天ぷらの塩も拘るといろいろありますね。
揚げ方は、ちょっと油の切れが良くなく油っこい感じは否めません。これは改善の必要ありです。
しかしトータルでみると、非常に美味しいお蕎麦です。満足。

帰りがけ、ご親切でテンションの高い奥さんに聞いたところ、ご主人もバイク乗りだそうな。駐車場のBuellはご主人の愛車だそうな。
駐車場では裏口からご主人登場。わざわざありがとうございますだ。
やはりバイク乗りに悪い人はいません。悪い人はバイク乗りとは認めません。

今度は足を治し、バイクで行きたいです。

コメント

_ Noah ― 2017年09月01日 04時05分14秒

Really when someone doesn't be aware of then its up to other visitors that they will assist, so here it takes place.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2006/11/14/928227/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。