房総の林道走ってみた:山倉線2016年02月29日 23時23分46秒

千倉の林道シリーズ。今回は千倉線と双璧をなす名林道。山倉線です。
場所的には千倉線の北側に位置し、大貫地域と南朝夷地域の境界線を走っている感じで、安房グリーンラインと千倉を結ぶルートになるでしょう。
もっとも、千倉線といい山倉線といい、普通の人は使わないルートですが。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。
山倉線>complete!
路面状態・・・舗装と砂利ダートが入り混じる。水たまり多し。ブッシュも深い。

この地域だと有名な林道で、ダートも残っています。
起点は安房グリーンライン側のようです。かなりのハイスピードで流れているルートなので、入線する際には早めのウインカーがいいでしょう。

山倉線:安房グリーンライン側入り口

山倉線:起点林道標

ちょいヤレの林道標が渋い。

入線してしばらくは舗装路が続きます。とはいえ山道。落ち葉もそれなり。スリップには注意して進みます。
ストリートビューがヘタれた点からはダートに切り替わります。ちょうど尾根筋に差し掛かるあたりです。
走行した日は数日天気だったにも関わらず、水たまりが多かったです。なので、走った後は泥だらけに。そこは覚悟しましょう。スタックするほどの深いところはありませんでした。
基本は砂利ダートですが、場所によっては土っぽいところも。
しばらくするとまた舗装に戻り、大堰線への分岐があります。

これまた過ぎるとダートに。この林道、都合2か所のダートになります。
終点は千倉の町の北西に位置します。

山倉線:終点

山倉線:終点林道標

山倉線:終点周辺

ゴール付近ではペット火葬場があります。住宅も何件かあるので、お静かに。

走ってみるとなかなかのロングランで、狭路ありダートありで、飽きません。
それなりに緊張感もあるので、かなりおすすめだと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2016/02/29/8034752/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。