房総の林道走ってみた:南条線2016年05月05日 18時14分45秒

千倉の林道シリーズ。この日最後の林道探索でした。
安房グリーンラインから小松線を経由し、そのままこの南条線に出ました。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。

南条線>complete!

路面状態・・・完全舗装。落葉多少。

南条線:起点

南条線:林道標

林道標がいい感じに古びてます。
安房グリーンラインから神余地区に抜ける道の途中に分岐があります。
ちなみに神余といえば別荘地として開発されていて、レストラン大澤さんもありますね。大澤さんのキッシュがまあ美味しくて。
このまま林の中をぐにぐに抜けていく感じです。林道としてはあまり面白味はありません。たぶん作名ダムへの連絡路と言ったほうが、しっくりくるでしょう。

南条線:終点

南条線:青看

はい。終点かと思ったら、こっちが起点でした。作名ダムの天端が分岐点ですね。

作名ダム:湖面

少し日が落ちかけていたせいか、暗め。

作名ダム:看板

ダムの看板?ネームプレート?いい感じの経年感。

作名ダム:説明文

それなりに大きいダムみたいですね。管理施設も近くにあります。

作名ダム:堤体1

作名ダム:堤体2

作名ダム:堤体3

まあまあ立派。でも木がちょうど真正面なので、よく見えません。

作名ダム:柿

その近くに。ようなってますね。

千倉の林道シリーズもひとまず終わりです。探せばもっとあるんでしょうけど、とりあえずは完抜けできるってのが一つの判断基準なので。

房総の林道走ってみた:山倉線2016年02月29日 23時23分46秒

千倉の林道シリーズ。今回は千倉線と双璧をなす名林道。山倉線です。
場所的には千倉線の北側に位置し、大貫地域と南朝夷地域の境界線を走っている感じで、安房グリーンラインと千倉を結ぶルートになるでしょう。
もっとも、千倉線といい山倉線といい、普通の人は使わないルートですが。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。
山倉線>complete!
路面状態・・・舗装と砂利ダートが入り混じる。水たまり多し。ブッシュも深い。

この地域だと有名な林道で、ダートも残っています。
起点は安房グリーンライン側のようです。かなりのハイスピードで流れているルートなので、入線する際には早めのウインカーがいいでしょう。

山倉線:安房グリーンライン側入り口

山倉線:起点林道標

ちょいヤレの林道標が渋い。

入線してしばらくは舗装路が続きます。とはいえ山道。落ち葉もそれなり。スリップには注意して進みます。
ストリートビューがヘタれた点からはダートに切り替わります。ちょうど尾根筋に差し掛かるあたりです。
走行した日は数日天気だったにも関わらず、水たまりが多かったです。なので、走った後は泥だらけに。そこは覚悟しましょう。スタックするほどの深いところはありませんでした。
基本は砂利ダートですが、場所によっては土っぽいところも。
しばらくするとまた舗装に戻り、大堰線への分岐があります。

これまた過ぎるとダートに。この林道、都合2か所のダートになります。
終点は千倉の町の北西に位置します。

山倉線:終点

山倉線:終点林道標

山倉線:終点周辺

ゴール付近ではペット火葬場があります。住宅も何件かあるので、お静かに。

走ってみるとなかなかのロングランで、狭路ありダートありで、飽きません。
それなりに緊張感もあるので、かなりおすすめだと思います。

房総の林道走ってみた:小松線2016年02月11日 21時08分11秒

千倉の林道シリーズ・・・といっても千倉じゃないですけどね。便宜的にまとめましょう。同じ日に走ったし。
秘境ラーメン栄蔵さんと小松寺さんがある、小松線です。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。

小松線>complete!

路面状態・・・完全舗装。わずかに苔むしあり。落葉は多い。

小松線:起点1

小松線:林道標

安房グリーンラインから少し入ったところが小松線の起点です。
ただの田舎道ですね。林道っぽくない。
小松寺の案内板の方がよほど目に入ります。
なお、安房グリーンラインから入ったところには、

小松寺:貴様に真の地獄を見せてやろうぞ

かわいい小僧の石像だぞう。

ここから入線するとすぐに緑の生い茂る道に。観光用道路としてはかなり雰囲気あります。日差しも木漏れ日程度しかないので、路面はまあまあ濡れています。苔もそれなりですね。
小松寺を抜けると、少し林道っぽいワインディングになりますが、ハイカーも多いのでハイスピードは危険です。
しばらく抜けていくとトンネルがあり、これを抜けると終点です。

小松線:トンネル

小松線:終点林道標1

小松線:終点林道標2

コンクリトンネルのなんと安心感の高いことよ。
紅葉の時期にも走ってみたい、万人向けの林道です。

「小松寺」2016年02月11日 19時40分06秒

栄蔵さんでのお昼ご飯の後、近くにあるお寺を散策しました。
実は駐車スペースがなかったので、こちらに停めていたり。どうも公式らしいですよ。
訪れたのは、紅葉スポットとしても非常に有名な小松寺さん。
もちろん林道小松線にあります。

小松寺:通行止め1

駐車したところからすぐの参道・・・なのにのっけから通行止め。さすが林道。
林の中にあり、緑からの木漏れ日のコントラスト。いい。

小松寺:川廻し

近くには橋があり、そのから房総名物川廻しが見えます。人工的に川の水路を変えるためのトンネルですね。

小松寺:川

紅葉の時はさぞかしきれいでしょう。

小松寺:井戸

その近くにある何やら怪しげな看板。役小角ゆかりの井戸らしいです。
といっても、触れないようにガードされてたので、ちっとも見えません。


小松寺:通行止め2

少し歩いて境内近くの参道。通行止め。苔がすごい。

小松寺:案内板

道路はさんだところにある、小松寺略歴。由緒正しい感じ。
この裏に池がありました。

小松寺:池1

小松寺:池2

紅葉の時期に来たかったですね。

で、いよいよ境内に行こうと思ったら、突如団体さんが。
どうもHISのツアー客らしく、HIS起こしたような騒ぎっぷり。すっかり興ざめしたのでもう退散です。

小松寺:林道案内板1

小松寺:林道案内板2

ついでにこの周辺の案内図など。
前述のとおり、林道小松線沿いにあります。

「秘境ラーメン栄蔵」2016年02月11日 19時20分28秒

林道走ってると、昼飯どうしようとか考える余裕も無かったり。
なので、普段はラーメン食べないのですが、この日は時間も押してたので、少し気になっていたラーメン屋に飛び込んでみることに。
安房グリーンラインから少し入ったところにある、秘境ラーメン栄蔵さんです。さかぐら、と読みます。

栄蔵:店舗外観1

栄蔵:店舗外観2

何気にここは林道の小松線。林道ラーメンって名前でも間違ってない。
石垣の苔むし感が廃れの美を体現。

栄蔵:看板

看板のアピールは結構激しい。
豚骨ラーメンなんて人生でほとんど食べたことないです。

栄蔵:店舗外観3

間違えて納屋撮ってました。店舗は奥のログハウス風。きれいです。
店内もログハウス風で、昭和をイメージしたポスターの配置など、実は感性は若い感じです。ちょっと薄暗い感じも雰囲気だしてます。
席はテーブルにカウンター。カウンターは林道を眺めながらの絶好ロケーション。

栄蔵:豚骨ラーメン

豚骨ラーメンはよく分からないので、スタンダードなのをいただきました。
紅しょうがは別添えです。
スープはクリーミーで万人向け。私でも食べられました。優しい味です。
麺はやっぱり細打ち。向こうの麺ってのはストレート麺なのかな。こっちだと縮れのきゅるきゅるした食感が多いので。
美味しくいただきました。

栄蔵:豚串

足りなかったので豚串追加。付け合せのタマネギがいい感じ。
味かけて食べましたが、辛いの苦手なのよね。
柔らかくは無いけど、噛み甲斐のある味わい深い肉です。

ロケーション的にはすごくいい感じで、味も万人に受ける感じです。
小松線キメたついでに行くのはアリですね。