房総の林道走ってみた:小松線2016年02月11日 21時08分11秒

千倉の林道シリーズ・・・といっても千倉じゃないですけどね。便宜的にまとめましょう。同じ日に走ったし。
秘境ラーメン栄蔵さんと小松寺さんがある、小松線です。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。

小松線>complete!

路面状態・・・完全舗装。わずかに苔むしあり。落葉は多い。

小松線:起点1

小松線:林道標

安房グリーンラインから少し入ったところが小松線の起点です。
ただの田舎道ですね。林道っぽくない。
小松寺の案内板の方がよほど目に入ります。
なお、安房グリーンラインから入ったところには、

小松寺:貴様に真の地獄を見せてやろうぞ

かわいい小僧の石像だぞう。

ここから入線するとすぐに緑の生い茂る道に。観光用道路としてはかなり雰囲気あります。日差しも木漏れ日程度しかないので、路面はまあまあ濡れています。苔もそれなりですね。
小松寺を抜けると、少し林道っぽいワインディングになりますが、ハイカーも多いのでハイスピードは危険です。
しばらく抜けていくとトンネルがあり、これを抜けると終点です。

小松線:トンネル

小松線:終点林道標1

小松線:終点林道標2

コンクリトンネルのなんと安心感の高いことよ。
紅葉の時期にも走ってみたい、万人向けの林道です。

コメント

_ beckertumaqekhyk.snack.ws ― 2017年05月02日 09時12分14秒

I leave a comment whenever I like a post on a website or
I have something to add to the discussion. It is triggered by the sincerness communicated in the post I browsed.
And after this post 房総の林道走ってみた:小松線: ふとももおれてたー.

I was actually excited enough to leave a thought :
-P I do have 2 questions for you if it's allright. Is it only me or does it give the impression like some of these responses
come across like they are left by brain dead folks? :-P
And, if you are writing at additional places,
I would like to keep up with everything new you have to
post. Could you list all of your social pages like your twitter feed,
Facebook page or linkedin profile?

_ manicure ― 2017年05月03日 17時36分27秒

Why people still use to read news papers when in this technological world all is accessible on web?

_ manicure ― 2017年05月03日 17時54分09秒

I know this website provides quality dependent articles
and extra stuff, is there any other web page which offers these kinds of information in quality?

_ JimmiXzSq ― 2017年05月19日 08時09分17秒

_ JimmiXzSq ― 2017年05月20日 21時21分33秒

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2016/02/11/8016313/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。