房総の林道走ってみた:南条線2016年05月05日 18時14分45秒

千倉の林道シリーズ。この日最後の林道探索でした。
安房グリーンラインから小松線を経由し、そのままこの南条線に出ました。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。

南条線>complete!

路面状態・・・完全舗装。落葉多少。

南条線:起点

南条線:林道標

林道標がいい感じに古びてます。
安房グリーンラインから神余地区に抜ける道の途中に分岐があります。
ちなみに神余といえば別荘地として開発されていて、レストラン大澤さんもありますね。大澤さんのキッシュがまあ美味しくて。
このまま林の中をぐにぐに抜けていく感じです。林道としてはあまり面白味はありません。たぶん作名ダムへの連絡路と言ったほうが、しっくりくるでしょう。

南条線:終点

南条線:青看

はい。終点かと思ったら、こっちが起点でした。作名ダムの天端が分岐点ですね。

作名ダム:湖面

少し日が落ちかけていたせいか、暗め。

作名ダム:看板

ダムの看板?ネームプレート?いい感じの経年感。

作名ダム:説明文

それなりに大きいダムみたいですね。管理施設も近くにあります。

作名ダム:堤体1

作名ダム:堤体2

作名ダム:堤体3

まあまあ立派。でも木がちょうど真正面なので、よく見えません。

作名ダム:柿

その近くに。ようなってますね。

千倉の林道シリーズもひとまず終わりです。探せばもっとあるんでしょうけど、とりあえずは完抜けできるってのが一つの判断基準なので。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2016/05/05/8084088/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。