「牛たん市川 藏」 / 牛たん定食2015年10月01日 20時48分17秒

「最近の記事」が全部林道がらみになってたーよぅ!
ここらで閑話休題。久々のぐるめレポ。
まあ林道調査の合間だったけどね!

南房総の道の駅といえば観光名所でどこも力が入っております。
よく行くのは三芳村の鄙の里ですねー。あそこのBINGOバーガーはホント美味しいしホント行列が絶えない。
そこから北進すると平久里中方面に向かうのですが、その途中に西の谷トンネルがあります。まだまだキレイで新しい。
このトンネルを抜けると下滝田地区に出ます。どうもそのまま西に向かい、おおつの里までつなげたい様子。東仲尾沢トンネルというのが建設中らしいです。というか周辺のバイパスがまだ全然できてない・・・
周辺にも奥山仲尾沢林道が走っていたり、その北側に謎の林道っぽいのがあります。機会があったら現地調査しますかね。

その下滝田に、気になる食事処が。県道88号から看板が出ているので、気になっていたのです。またGoogleMapにも情報があり、これは行かねばという事で、お邪魔してきました。
「牛たん市川 藏(くら)」さんです。旧字体ですね。

場所は西の谷トンネルを抜けてすぐ右折。山肌に住宅がいくつかあり、その一番上のあたりです。
駐車場も近くにあります。


牛たん市川 藏 / 外観

穏やかな空気に包まれた、風光明媚な里山に居を構える一軒家、ですね。
まさに人ん家を改装した感じのお店。ただ隣にログハウスっぽいものがあり、そこもお店の敷地の様子。

牛たん市川 藏 / 入口&お品書き

なんか脱サラとかして田舎に家を構えて、お店でもやろうか、みたいな。
入口にお品書きがあります。
とりあえず店名にもなっている、牛たん定食をいただきました。


牛たん市川 藏 / 牛たん定食

窓際の席だったので光っちゃいました。
うむ、まごうことなき定食。シンプルにまとまっています。
が、味はシンプルなどとはまとめられない、かなりのこだわり感。
黒いお椀はお吸い物じゃないです。牛テールスープです。しかもすさまじくスパイシー。とはいえそのスパイシーさも程よいところの上限ギリ。食欲を掻き立てます。
冷奴にかかっているのはなんと焼き肉のたれ。美味しんぼでもそういう記述はあったけど、実際食べてみるとホントに合う。不思議!
ご飯はとろろつき。力がみなぎる!
そしてメインの牛たん。ここは漢らしく、焼いて塩!ちなみに付け合せはサラダかと思いきや浅漬け。
牛たんは焼き加減も絶妙で、しかも分厚い。柔らかいのですが、そう簡単には噛み切らせねーよ!というワイルドさも兼ね備えています。
そして噛むほどにほとばしる肉汁。塩もかなり強めに効かせてます。あわててスープを飲むと今度はスパイシィィ!
逃げ場がありません。
野菜はふつーにサラダを所望したい・・・
御主人は洋食のいでたち。きっとそういうお店の経験を経て、この地に店を構えたのでしょう。

どうもここのお客さん、バイクツーリングでの方とか、チャリで走ってくる人が多く、そういう方々の人気も高いとか。
確かに疲れて汗かいた時には、このぐらいの塩気じゃないとね。
とはいえ団体さんで押しかけるほどキャパは無さそう。事前連絡はマナーですね。

正直この滝田の地域って、あまりメジャーではないんですよ。
にも関わらずこういう美味しいお店があるとは。侮れん・・・

で、滝田という地区には、滝田城址があります。
この滝田城、南総里見八犬伝の発祥の地だとか。ちょっと気になりますね。

後日、再訪してみたり。
ちょっと気になってたカレーなど。

牛たん市川 藏:カレー

カレーはまあ、オーソドックスでした。テールスープのスパイシーさがあったからちょっとびくびくしておりましたが、一安心。

「ふくみ」 / せいろ大盛り2015年08月16日 18時50分09秒

鴨川林道巡礼の合間、蕎麦屋さんに行きました。
安房鴨川駅の横渚(よこすか)交差点から千葉へ向かう県道24号線。大日交差点までは生活道路という感じが強く、お食事処も多いです。
蕎麦屋では数件あります。蕎麦屋の少なかった鴨川にあっては、ずいぶん増えたなあという感じがします。
10年ほど前に「和田久」さんには訪れてましたが、それからだいぶ経ちました。
和田久さんの向かいあたりには、天八というお蕎麦屋さんがありましたが、今は変わって鴨川一茶庵さんになってます。勝浦の「きむらや一茶庵」さんとのつながりが深そうな感じです。

今回訪れたのは、新しめのお店、「ふくみ」さんです。

ふくみ外観

県道からは大きな幕があるので、すぐにわかります。
鴨川に向かって、ふくみわだきゅーいっさあん、という並びだったかと思います。

住居+αを改装したようなお店で、小奇麗ですけど少し遊びがほしいかも。
窓が大きく明るい店内です。
町のお蕎麦屋さんというスタンスも強いようで、丼ものもありました。

今日は小腹がすいている程度だったので、せいろにしました。

せいろ大盛り

大盛りですけど!結構多いで。。。
蕎麦は夏場にしては香りは悪くなく、コシは穏やかな感じ。喉越しも万人向けでしょう。冷水の締めがそこまで長くやってないのか、常温に近い形できました。夏場なので冷やし気味の方がいいかなあと思います。
つゆはかなり醤油が効いてます。ダシというよりはまず醤油の味を感じます。なので、かなり塩気が強いです。
蕎麦がどちらかというと丸い感じなので、つゆの荒々しさとは若干ミスマッチかもしれません。しょっぱいの好きなんですけど、それでもつゆに甘さがほしいと思いました。蕎麦がハード志向ならこのつゆでもよいのですが。
もっとも夏場の厳しい季節でもあるので、今度は別の季節で訪れたいですね。

10年前には蕎麦屋過疎地域だったのに、こんなに増えたのはうれしい限りです。
他にも美味しいものがたくさんあるので、面白い街ですね。

「ふくね」 / 穴子天せいろ2013年10月14日 17時36分55秒

印西の「ふくね」さんに伺いました。
ぐる千葉情報です。

場所は印西ジョイフル本田の北側。竹袋に至る路地沿いです。
新しい建屋です。
ふくね / 穴子天せいろ

穴子天せいろをいただきました。大盛です。
甘味の蕎麦プリンもつけちゃいました。

つゆはばっちりダシが効いています。醤油が強く辛口です。
蕎麦は味も香りも素晴らしいです。表面がザラついているので、喉越しも楽しめます。コシも程よい。
蕎麦もつゆも強いので、そのせめぎあいを楽しめます。
天ぷらは若干クリスピーな感じですが、美味しく揚がっています。油は少しだけ感じるので、ちょっと胃に堪えました。
なす、ししとう、大葉、かぼちゃに加え、大ぶりの穴子!
この大きさの穴子の天ぷらが味わえるなら、安いものです。

まだ新しいお店だと思いますが、いい蕎麦です。

「蕎麦さとう」2013年10月08日 23時02分37秒

再びぐるっと千葉から。
新茂原の新店、「蕎麦さとう」さんに行きました。

蕎麦さとう

新茂原駅の駅舎の反対側、R128バイパス側にあります。
もともと別のお店だったのかな・・・?白い建物は蕎麦屋らしからぬ感じです。
入口は洒落た蕎麦屋ですね。
店内はコの字型のカウンターに、テーブル席。それなりの人数が入ります。
J-POPを和アレンジしたようなBGMが流れています。

今回はゆず切りとの二色をお願いしました。鴨肉のサラダもついてます。
鴨肉サラダ

ゆず切り二色

きれいにまとまっています。
つゆは喉の奥に流れ込む深い風味があります。ダシの主張は程々で、甘みを感じるので味醂が強めかもしれません。
蕎麦はあっさりした感じで、味と香りも程々にあります。表面はつるんとしています。
非常にあっさりな組み合わせです。
天ぷらは若干クリスピーですが、美味しく揚がっています。

最後にゆずシャーベットもいただきました。

なおこちらのお店、お酒は置いてません。お客さんに心地よい空間を提供するためとのこと。
禁煙は世の中の摂理として当然ですが、お酒までやめるとは、何かあったのでしょか・・・
ともあれ新進気鋭の新店です。
茂原は飲食店も多いし、近くにはRyu庵さんもあります。激戦区ですので、是非とも頑張ってほしいものです。


それにしても、この蕎麦の味といい、この店づくりの方向性といい。
どう考えても甚五郎さんの職人さんが自分の店を構えた、と。
茂原にお店作るって話も小耳にはさんだしなあ。


「手打ちそば 秀」 / 板そば2013年09月11日 21時43分04秒

だいぶ間が空いてしまいましたね。クッキー焼くのに忙しくて・・・

ご存じぐるっと千葉では時々蕎麦特集をやってますけど、近年は蕎麦屋も紹介しきった感があり、ご無沙汰でした。
でも2013年になり、満を持しての蕎麦特集。新店も増えました。
今日はその中からのピックアップ。
八街のR409沿いにこっそりある小さな住宅街。その一角に居を構えますは、山形蕎麦の新店「秀」さんです。
秀

人ん家ですねー。
駐車場は店舗前の数台。
実は一度事前に来ていたのですが、あまりに混んでいて入れなかったことがあります。近くの道路に路駐の嵐でした。
店内も完全に、新しいおうちです。
席はテーブルのみ。10数名いけます。
板そば


今回お願いしたのは板蕎麦。天ぷらも付けました。ちょっと写真がボケてごめんなさい。
さすがは山形蕎麦。しっかり板蕎麦です。
つゆはかなりダシが強く、ガツンときます。辛口ですね。
蕎麦は味も香りも喉越しも、かなりのハイレベル。
蕎麦とつゆの高次元衝突が素晴らしい。
天ぷらは低温の油で優しく揚げてあります。素材が実にみずみずしい。
板蕎麦は2人前ということですが、軽く入っちゃいますね。

八街は正味の話、あまり食事処が無いなと思ってましたけど、こちらは久々の蕎麦ヒット。
本気で手繰りたいときには実にいい。

ちなみに店舗の裏手には、江戸時代の史跡があるようです。といっても塚ですけど。