房総の林道走ってみた:深沢線&大野線(仮)2015年12月27日 20時02分07秒

Googlemapでぷちぷちと探っていると、時々気になる道を発見します。
地図好きの私といたしましては、時間泥棒の最右翼たる遊び方。
R297沿いでなんとなーく見ていたら、いきなりダートになる道がありまして。
それが今回紹介する深沢線です。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。


路面状態・・・最初はダート。民家先からは舗装。落葉多し。苔むしも多い。

R297、勝浦までの大動脈ですよ。そんな主要国道の脇道がいきなりダートとは。
林道標は草むらに隠れて若干見づらいです。

深沢線:林道標(起点)

つーか読めねっす。もはや朽ちかけ。
のっけから不安な感じで、道もダート。少し進むと民家があり、その先は一箇所ガレています。ご注意を。それを抜ければ舗装です。
舗装はまあまあきれいですが、林の中なもんで苔も盛大にあります。スリップには十分注意してください。

終点はT字路。増田製作所さんの工場のところに出ます。

深沢線:林道標(終点)

どことなく違和感を覚える林道標。
全体的に薄暗いのですが、幅員は十分あります。走りやすいと言えばそうかも。
深沢線の終点には、林道開設記念の碑があります。この地域の農業振興のために開通しましたよとか、途中に鳶巣線なるものが分岐してますよ、とか。
写真で撮ったものの読み下しなので若干不安です。再訪時にはきちんと読んでこようかと思います。

で、終点の増田製作所さんの敷地沿いには道が続いておりまして、そこがまたダートになっているのです。
ここまで来たら!という勢いで、走破してみたり。
なお、正確な路線名は分からないのですが、大野線と仮の名前が付けられていることも多いので、それに倣います。途中にある大野という地名にちなんでおります。s道中には大野浄水場もあります。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。


路面状態・・・前半は畦道ダート。後半は舗装。ブッシュ深い。

増田製作所さんの敷地沿いを進めば、落葉ふかふかダートの始まりです。
なかなかいい雰囲気です。
それを抜けるとやや高低差のある田んぼゾーンへ。その合間を縫うようにしてこれまたダートが続いています。ガレはないもののモヒカンブッシュは深め。
退避スペースも少なめなので、対向車が来たらしんどいです。
しばらく抜けて大野浄水場付近になると舗装になります。
最終的には県道82号線の荒木根ダムの近くに出ます。
どことなくのどかな雰囲気の、ぶっちゃけ農道ですよねこれ。でも楽しい。

コメント

_ chocolate ― 2018年05月04日 18時12分03秒

I just could not go away your site prior to suggesting that I actually loved the standard info a person provide in your guests?
Is gonna be again continuously in order to check up on new posts

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2015/12/27/7963407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。