房総の林道走ってみた:鬼泪山林道2015年08月13日 12時22分05秒

竹岡周辺の林道を走った後、マザー牧場方面へ行ってみました。
更和の交差点からマー牧に行く道は、それこそ最初のバイクCBR250RRの時代から、幾度となく走ってきた道でした。
脇道の存在にも多少は気づいていたのですが、もっぱらオンロードバイクで走れる道しか調べてなかったもので・・・

マザー牧場周りも、ご多分に漏れず林道が多いです。
特にマザー牧場入口の信号から伸びている鹿野山1号林道などは、そもそも林道だと気付かずに抜け道として使ってました。桜井総稱鬼泪山ってなすんごい地名を通る道でもありますね。
今回はマー牧に向かう道の途中、仏母寺の少し先から入ります、鬼泪山林道です。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています

路線名をクリックすると、実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は「pending...」と記載します。

鬼泪山林道>complete!

鬼泪山林道

写真は支線の林道標ですが。
山の上側から入ると、いきなりダートになります。やや砂利の多い感じですが、普通に走れました。
・・・と思ったら、なんか穴ぼこに落ちたのか、途中でいきなり車がハネました。バンパーもぶつけた様子。偶発的だと思いますが。
ハンドルを多少とられる感じもありますが、車高が低くなければ走れるでしょう。
林の中を抜ける、まさに林道という雰囲気は、天気が良ければなかなかにいい感じです。反面眺望はありませんが。
この日は快晴過ぎるので、木漏れ日とのコントラストが目に厳しく、路面がよく見えなかったりしました。その辺は注意して進んだ方がよさそうです。
しばらく進むとコンクリ舗装になります。
この森がdocomo出資らしく、ダートは厳しくも整備されている感じは高いです。
ミニバンでも走れるぐらいでしょう。
扁平率40のロープロタイヤで走る道じゃないとは思いますが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2015/08/13/7732568/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。