房総の林道走ってみた:荒木根ダム周辺2016年01月03日 18時07分29秒

南総屈指の城下町大多喜。今もこの地域においては賑わっております。
この大多喜もまた、林道パラダイス。
今回は荒木根ダム周辺の探索をしました。

房総はあんまりダムってのが目立たない県なのですよ。立地的にもそこまで高い山も無く、大掛かりなダムを建設する用地は無いのです。
また大多喜ダムも計画倒れで、周辺道路を中途半端に作って終わってしまいました。
荒木根ダムはきちんと完成したダムですが、いわゆるコンクリートの壁は無く、盛り土の丘が水をせき止める、アースダムという分類だそうな。

荒木根ダム1

荒木根ダム2

ダムっぽい高さは無いですね。
ダムの盛り土のてっぺんは車道になってて通行可。天端というらしいです。ここ通れるダムは多いですね。

荒木根ダム3

天端より堤体を見ても、丘にしか・・・放水する例のアレがないんですもの。
どっかにあるのかと思ったら、

荒木根ダム4

これらしいです。水位が上がると勝手に排水されるタイプ。どこにつながってるのかは良く分かりません。

とダムの紹介は本論ではなく、周辺の林道探索です。
今回はダム見学した後ふらっと通ったらダートでした、みたいなところです。
林道かどうかも不明で、ただの連絡路の可能性も高いです。

車種:
インプレッサ WRX STI GDB-F
STIダウンサスで20mmダウン
BRIDGESTONE RE050A 245/40R18
※安全のためライト点けて走行しています。可能な限りハイビームです。

路線名をクリックすると、GoogleMapで実走行ルートを表示します。林道完全トレースではないので、ご注意ください。走破していれば一致しますが、途中で引き返したりしていると、その限りではありません。
路線名横に「complete!」とあれば完全走破、途中で引き返したような場合は
「pending...」と記載します。


路面状態・・・全線ダート。水たまりも多い。幅員は申し分なし。

こっそりフルダートでした。砂利砂利してます。
とはいえ特にガレたりはしてないので、車が汚れるのを気にしなければ普通車でも十分通行可能です。
でもあえてここを通る意味は無いんですよね。

荒木根ダムの北側には石神林道があり、短大の方に伸びてるみたいです。
ここも一度通ってみたい場所ですね。

コメント

_ mejor grifo termostatico ― 2017年09月04日 18時50分02秒

I do consider all the ideas you have introduced on your
post. They are very convincing and will certainly work.
Nonetheless, the posts are too quick for starters.
May you please lengthen them a little from next time? Thank you for the post.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2016/01/03/7970118/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。