「やまもと」 / 鴨せいろ他2008年09月03日 19時33分37秒

やまもと さんにリトライ。
今日は輪を掛けて攻めていきます。

まず最初に、玉子焼きです。



玉子3個分の大きさだそうです。
焼き上がりは実に丁寧に、焦げはほぼ無く、ふんわり仕上がっています。
中には濃い目に下味をつけたしいたけと三つ葉。時々出くわすしいたけの塩気がアクセントとなり、玉子の甘味が引き立ちます。
表面にコゲがあった方が香ばしさが出て好きですが、こうも完璧に焼かれてしまうと何も言えなくなります。

蕎麦は鴨せいろにしました。



蕎麦は変わらずの細打ち。やや水を湛えた蕎麦です。
鴨汁はこれまた品がいい。鴨のダシは十分に出ているものの主張は強くなく、あくまでメインはそばつゆだというスタンスを取っています。ネギも焼いてから焦げた部分を取っているので、全く焦げの香りはありません。普通の鴨せいろのような少し粗野な風味は鳴りを潜めています。
蕎麦が繊細な分、つゆもまた強くは出来ないといったところでしょう。
しかし構成要素一つ一つの味はマジ半端ねえっす。
まず肉。こちらは欧州種の肉らしく、脂は少ないものの肉汁が有り得ないぐらいあります。本来の肉の味とはこういうものを言うのだと主張全開です。
ネギも丁寧に焼かれているので、甘味と風味がギリギリのバランスを保っています。
一見するとシンプルですが、実は相当に計算された鴨汁だと思います。
ちなみに+530円でフォアグラ入りに出来るそうです。なんだフォアグラって!また食わないと!

食後にはデザート。本日のデザートは杏仁豆腐とアイスクリームです。



他にOTONAアイスという気になるものもあるのですが、リキュールが多いので車の運転の時はちょっと止めときました。
俺の酒の弱さを見くびるなよ!
器の下のほうに杏仁豆腐。そこにオレンジソースを掛け、最後にアイスクリームを乗せてあります。
杏仁豆腐は信じられないぐらいに柔らかくて滑らかです。ほんのり甘い杏仁豆腐に、酸味の効いたオレンジソースが実に合います。アイスもシンプルながら素朴な味わいでいい。
デザートもこだわりまくった素晴らしい一品です。

なんか蕎麦以外もすごくいいですねー。他のサイドメニューもいろいろ試してみたいですね誰かの金で。

「Orizzonte」 / サルモーネ他2008年09月07日 22時20分51秒

九十九里町のイタリアン「Orizzonte」さんに行ってきました。
場所は九十九里町の豊海小学校近く、真亀川総合公園の敷地内です。道路に面したところに看板があります。駐車場は公園と併設なので、場所には事欠かないでしょう。
詳しい場所はHP参照です。探せばすぐに出ます。

駐車場に車を停めてほんの少し歩くと看板が見えます。



公園の建物全体が白壁に淡いオレンジの屋根というモチーフです。
さらに奥に進むとレストランの外観が見えます。



近くには噴水(?)があります。レストランからもこの広場を見渡せるようになってます。



気を取り直して入口へ。



店内は天井が高く、窓も大きいので光が多く取り入れられ、非常に開放的な雰囲気です。
テーブル席では30程かな。結構入ります。
ウエイターの人が4人ほどスタンバってます。ていうか人の配置が贅沢だ・・・

さて今回は初めてなので、前菜とパスタ、デザートを試してみます。
最初に前菜。カボチャの冷製スープです。



王道な味です。かなりどろりとした食感で味が濃いですね。
反面ざらつきがやや野暮ったく感じます。普通はクリームで滑らかさを出していったりしますが、ここはもう一工夫欲しかったです。

パスタはサルモーネ。



生クリームと枝豆ペーストのスパゲティに自家製スモークサーモンを和えてあります。
ソースは滑らかさの中にわずかなざらつき、豆かな。もったりした食感ながら意外に軽いですね。
自家製のスモークサーモンは燻製の風味がしっかり乗っています。反面その香りが主張しすぎてしまい、サーモン自体のわずかな生臭さを助長してしまうという一面も。
非常にオーソドックスなのですが、もう一工夫あっても良いかもしれません。

デザートはハチミツのブランマンジェ巨峰の白ワイン煮添え。



ブランマンジェの周りに巨峰が添えられています。
ブランマンジェはハチミツかどうかが分かりませんでしたが、とても柔らかくて舌触りも良いです。味は軽くて、お腹一杯のときでも入ると思います。
周りの巨峰が爽やかな風味なので、後味をきれいに締めくくりますね。

総じて言うと、オーソドックスです、が、それ以上の感動というものがやや感じられなかったので、もう一歩踏み出してみてもいいのではないかと思います。
ロケーションは良いので、もっと華々しく攻めてみてもいいのではないかと思いました。
九十九里の海側は、広い範囲で見れば競合店も案外ありますので、埋もれないように是非とも頑張って欲しいと思います。


「蕎麦処 五郎右ヱ門」 / 特上天ぷら御膳2008年09月10日 05時40分40秒

富里町ではかなり有名なお蕎麦屋さん「 五郎右ヱ門」さんに行ってきました。
場所はHPに譲りますが、R409を北上していると看板が見えます。

R409から脇道に張ると、それっぽい趣のある建屋があります。ここが入口のようです。



後ろを振り向くとこんな景色。



そんなに遠くに来た感が無いのは千葉県内をかなり走っているからでしょう。都会人には負けん。
車でしか行けない様な場所ですが、ここに停めていく様子。



奥の入口から進むと、古民家が見えます。ここが店舗みたいですね。



入口には大きめの木を切り抜いたオブジェに蚊取り線香が。この香りが何故か郷愁を誘う。不思議な日本人感性です。
店内は靴を脱いで上がります。全てお座敷スタイルですね。一応分煙ですが、仕切りが無いのであまり意味が無いかな。
照明は暗く、雰囲気のある空間です。



天井から丸い光の玉が降りてくるような。
席はお座敷で、禁煙と喫煙合わせて40名程度。ちょっとした会合なんかにも使われそうです。
古めかしくも煌びやかな調度品があり、料理を待つ間に目を楽しませてくれます。
BGMは隅っこに置かれたコンポからピアノ曲が流れてきます。光の加減とあいまって不思議な感覚に陥りますね。

席に着くと、お茶とお茶請けの揚げ蕎麦を出していただきました。

量は少ないものの、深い蕎麦の味があります。

さて、今回は折角来たので、超がつくほどの贅沢。特上天ぷら御膳です!



・・・店内が暗くてこれが加工の限界です。
それでもかなりの品数というのはお分かりいただけると思います。

まずは蕎麦。



つゆはやや甘口です。ダシは中庸です。いわゆる田舎蕎麦に合わせるつゆと言って良いでしょう。
蕎麦は味、香りはなかなかによく、コシもなかなか。中庸ながら良いところを狙っているといった感じです。表面もざらつきがあるので、蕎麦らしい楽しみ方が出来ます。
田舎蕎麦ですが洗練もされているといったところです。
ただし、抜きん出ているかというとそうではないので、もうちょっとパンチが欲しいかと思いました。

お次は天ぷら。



海老、ししとう、ふぐ!、紫蘇、舞茸、蓮根、帆立、若本アナゴ。
美味しく揚がっていますが、それでもやや油は感じてしまいますね。
しかもこの量です。腕に覚えがある人じゃなければとても辛いでしょう。
実際、夜になったら胃酸過多に苦しむ羽目に。。。

その他には漬物2種にデザートもあります。まさに御膳。
かなりお腹一杯です。

はちきれそうな腹を抱えて店を出ると、右手には白塗りの蔵が。



左手には納屋が。納屋の中にはこれまた懐かしい足踏み式のミシンやとうみなど。





蕎麦だけじゃなく、古民家を楽しむという点でも、面白いお店だと思います。

「珈楽庵」 / 珈楽庵バーガー2008年09月14日 15時16分20秒



行きつけの 珈楽庵 さんでお昼。
コーヒーはマウントハーゲンの霜月。
食事は新メニューの珈楽庵バーガーです。サラダに冷製スープもあります。
いわゆるジャンクフードのハンバーガーとは雲泥の差で、きちんとした肉ですねー。バンズもいい。しかし決して重くなく、むしろ足りないぐらいでした。
一品をきっちり仕上げてくる、いいお店です。

最近は禁煙席と喫煙席が入れ替わり、タバコを吸わない人が景色のいい方に。
正しい傾向です。

「久呂麦」 / 上鴨汁2008年09月15日 20時22分52秒

公津の杜の 久呂麦さんで昼飯。
前回は天ぷらでしたし、まだ食べた事が無かったので鴨せいろへ。
メニューを見ると鴨汁の(上)なんてのが。値段も明らかに別物なのですが、ここで退くわけには行かず。いざ。
上鴨汁(\2520!)です。

まず最初に、鴨焼きです。



よーく見ると分かりますが、汁が沸騰しています。
そう。鴨とネギがじゅぶじゅぶと焼かれた状態で来るのです。思わずムービーで撮ろうかと思ったぐらいに食欲をそそります。これマジやばい。
鴨肉は分厚い脂身があり、肉も程よい硬さと柔らかさ。噛めば肉汁と醤油ベースの汁が口の中で暴れだします。圧倒的な旨味で口腔内戦勃発。
脂身も、かなり脂はあるものの、思ったほどのくどさは無く、というかほとんどいなく、純粋な脂身の甘味と旨味が戦に乱入。
ネギは大方の想像通り、凶器のような芯の熱さ。多分今日私が死んだら死因は間違いなくネギです。
十分気をつけながら歯を入れても飛び出してくるので危険極まりありませんが、ネギの甘味が鴨の旨味、脂身の甘味、つゆの醤油味と合わさり、むしろネギ主役?と思ってしまうほどの存在感を発揮します。
マッカーサーと某塾長が殴りあうかの如き激しさを持った凄まじい鴨焼きです。

鴨焼きでお腹一杯にしたいところですが、余韻に浸るまもなく鴨せいろ本陣に攻め込まなければなりません。









上鴨汁では、鴨汁に三色せいろの多国籍軍。
鴨汁はやや醤油が強いものの、ダシも鴨の味もしっかり出ています。鴨の脂がすごいせいか、表面に浮いています。これちょっとメタボ的に大丈夫かいな。
具は鴨肉、つくね、しいたけ、ネギ。どれも味が素晴らしいのは鴨焼きで証明済み。
蕎麦は三色来ますが、鴨汁は強いのでやはり粗挽きが一番合います。二八も十割もいいのですが、やはり風味が強い蕎麦の方が戦えますね。

鴨焼きで感動してしまいますが、鴨せいろも本当にいいですねー。また食べたいです。
締めくくりには蕎麦饅頭を出していただきました。個人的には熱い食べ物の後は冷たいアイスがいいなあ。別で頼んでおくと吉です。

何一つ妥協が無く、隙も無い。いつまでも楽しめるお店です。