「蕎処 理彦」 / せいろ2007年10月01日 00時00分01秒

9月号のぐるっと蕎麦千葉は、「ちば蕎麦百軒伝」と称してお蕎麦屋さん紹介の特集を組んでいます。
千葉県の蕎麦好きならばたぶん買っていると思います。
今回はそこで紹介された中の一軒、流山は江戸川台の「 理彦」さんに行きました。

場所などの説明はHPに譲りますが、東武野田線江戸川台駅から歩いても行けます。
住宅街の中にあり、お店自体も古い住宅を改装したとのことです。



店内も住居そのもので、やや狭い廊下が時代を感じさせます。
厨房と客室が廊下を挟んだ向かいにあり、席は座敷が4×2。手狭な感じですが、ご主人が一人で切り盛りされているという事なので、これがベストサイズなのでしょう。



テーブルにぐるっと千葉が置いてありました。
部屋からは庭が見えるのですが、蕎麦が植わっていました。まだ花は無かったです。

この理彦さん、品数はさほど多くなく、せいろの生粉打ち、鴨汁、そばがき、だし巻き玉子に酒。シンプル。
これから徐々に増やすという事ですが、これはこれで必要最低限そろっていると思います。

今回はせいろをお願いしました。



つゆはなかなかに辛く、しかし甘みも深く底知れぬ味わいがあります。
最も前面に感じるのはダシの味であり、強烈な風味があります。酸味も感じますね。かなり強いつゆです。
蕎麦は味、香り共に素晴らしく、さすがは庭に蕎麦があるだけの事はあります。といいつつ使っているのは常陸夏そばなのですが。
コシはやや弱いように感じますが、腰砕けではありません。表面のざらつきはなかなかに感じるので、喉越しを味わうタイプといえそうです。
蕎麦とつゆのマッチングに関しても、最初はつゆが強いかと思いましたが、不思議と相性はバランスしています。
ご主人の蕎麦にかける愛情がそのまま表れたような蕎麦です。
素晴らしい蕎麦、素晴らしい想いを頂きました。

食後に、ご主人自ら蕎麦についてのお話をしていただきました。食べる専門で蕎麦についての知識はあんまりない私には、とても貴重なお話でした。
知識の深さももちろんですが、蕎麦にかける愛情、情熱、そして真摯なる想いを、ひしひしと感じます。
これほどまでに蕎麦を愛し蕎麦に取り付かれた人も珍しい。
非常に温和な方ですが、彼もまた「鬼」と呼ぶに相応しいのではないでしょうか。

蕎麦というものにみんなどうしてここまで入れ込むのか。言葉では表せませんが、その答えの一つがこの理彦さんに行けば見つかるんじゃないかと思います。
友人の言葉を借りれば、「蕎麦の一つの完成形」です。

「野はら」 / せいろ+一口ヒレかつ2007年10月05日 18時37分10秒

加曾利の「野はら」さんに行ってみました。
場所は加曾利貝塚や桜木霊園の近くを通る小桜橋通り、その途中にある消防署付近に看板があります。
盛山という日本料理のお店も近くにあります。ひっくり返すと山盛です。いい店だ。

通りから一本入ったところですが、一気に静かで鄙びた感じになります。
お店はぽつんと佇む感じですので、すぐに見つかります。



店内は小奇麗です。テーブル席、カウンター席、こあがりが合わせて20人ぐらい?
奥には蕎麦打ち部屋が見えます。

このお店は蕎麦のほかにとんかつもあるということなので、折角だから少しだけいただきました。
まずはせいろ(大盛)です。



光っちゃいました。
つゆはまずダシを感じるタイプで、薄口ですが深い味わいがあります。
蕎麦は細打ち。味や香りはほどほどで、コシもあります。ざらつきも程よく、細打ちのしゃっきりした蕎麦です。
つゆもあっさりしているので、ぐいぐいと呑み込んでいけます。

とんかつは一口ヒレかつです。



普通のとんかつソースとゴマだれでいただきます。
蕎麦屋なのにとんかつというのも不思議な取り合わせです。

裏通りのお店ってのはなかなか通りませんけど、探してみると意外な出会いがありますね。

ノリック、あまりにも突然すぎる・・・2007年10月08日 12時13分21秒

GP通算3勝の二輪レーサー、阿部典史さんが交通事故死
読売新聞さま)

7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島の市道で、同市幸区戸手、オートバイレーサー阿部典史さん(32)のオートバイ(500cc)と、横浜市鶴見区東寺尾、会社員千野智彦さん(51)の2トントラックが衝突。
オートバイは転倒し、阿部さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡した。
川崎署によると、阿部さんの前を走っていたトラックがUターンした際、トラックの右側面と阿部さんのバイクが衝突したという。現場は片側2車線の直線道路で、Uターンの禁止区域。同署で死因や原因を調べている。
(強調は筆者)

あまりにも突然の事だったので、いまだに信じられません。
日本を、いや世界を代表するロードレーサーの突然の事故死は、あまりにも大きすぎる損失であると言わざるを得ません。
本当に・・・、今はただただご冥福をお祈り申し上げるしか出来ません。



それにしても。
どこの会社の馬鹿か知らんが、プロのドライバーのする運転じゃない。


許せない。

「森のレストランCUOCO」2007年10月11日 19時10分06秒

佐倉市は下勝田のイタリアン「 CUOCO」さんに行ってきました。
こちらは前々から気になっていたお店なので、ようやく行けました。期待大です。
CUOCOは、イタリア語でコックという意味だそうな。

場所は・・・かなり辺鄙です。佐倉市と行ってもだいぶ八街寄りで、最寄り駅も佐倉か南酒々井か榎戸か分からん、という感じです。お店のHPを参考にしてください。また徒歩不可で、車が無いと厳しいでしょう。
車で行く場合はR51の神門と佐倉IC入り口の中間にある信号から行くのがスマートかな・・・。私は上側、R296から攻めていきました。
バスなら和田小学校辺りまで行きますが・・・どこからバスが出てるんだ?

周囲を林に囲まれた道路沿いに、看板があります。しかし、ここを目指していないと見つからない看板です。



駐車場がありましたので、ここに車を停めていきます。なおお店の隣にもあるそうなので、足が悪い人は近くまで車でどうぞ。

駐車場から少し坂道を下ります。



隠れ家っぽい。脇にはライトがあるので、夜でも大丈夫でしょう。かなり怖そうですが・・・
坂道を数十mほど下るとお店があります。
ふと足元を見ると。



うさぎさんがこんにちは。他にもたくさんお店の周りにいらっしゃいます。

お店はアットホームな印象。



林の中ですが、光が差し込むのでさほど暗くは無いです。とても気持ちのいいところですねー。
店内も落ち着いた雰囲気で、時間が経つのを忘れそうなぐらいのんびりな雰囲気。
テーブル席が20以上。あとテラスにも席があります。この季節だったら外でもいけそうです。
油断するとテラスにもうさぎさんがいらっしゃるので、気を抜けません。

今回はランチコース。奮発して3000円の方!
最初にパンが来ます。自家製だそうな。腹が減っていたのでまずがっついてしまい、写真は無し。心の目で見てください。
イタリアンなパンは油が多くこってりなものが多いのですが、こちらのは程よいです。甘みが強いパンなので、そのままでも美味しいですね。

お次は前菜。



たくさんあるのでどれどれだか忘れました。適度に冷やされた前菜は、どれも味わい深く、手が込んでいます。
特にテリーヌは好きな味でした。こってりだけど味が深い。ソースも3種類使い分けていてバラエティ豊か。いろいろな組み合わせが楽しめます。

パスタは「栗とココナッツのクリームチーズ」。



ランチメニューでは松茸のパスタと選べたのですが、クリーム系パスタ好きなのでこちら。
濃厚なクリームチーズソースとパスタ、美味いにきまっておろうが。しかも栗まで入っているので贅沢。
これで腹を満たしたい気分です。

魚料理は、「金目鯛のポワレ」。



金目鯛がとてもジューシー。洋食の魚料理にありがちなパサパサ感はありません。
また金目鯛の座布団になっているのが・・・ふろふき大根?ダシで煮た大根の薄切りです。これまがた和風の味で、日本人にはやっぱこれでしょ、というぐらいベストマッチ。
醤油が欲しくなるぐらい和な一品かも。ソースが醤油ベースでも面白そうです。

肉料理は、「牛フィレステーキ・リンゴピューレ」、だったかな。



ソースはやや甘めで、さらにリンゴのピューレをつけるので、甘口な食べ方。日本的ではありませんが、結構この組み合わせも好きです。リンゴが甘いからソースはもう少し塩気が欲しいかも。
肉もジューシーで噛むと肉汁がたくさん出てきます。いい。量が少ないのが惜しいなぁ。でもまあランチだったらちょうどいい量でしょう。

ここまででお腹もほどよく膨れ、満足です。最後に軽くデザート、と



軽くヌェー!
見た目よりもしっかり量があります。チョコケーキと生クリーム。どちらもなかなか濃ゆいデザートで、最後にしっかり止めを刺してきます。
飾りつけも溶かした飴なんかが乗っかってて、凝ってますね。もちろん味も美味しいです。
有終の美を飾るいいデザートでした。

はーお腹いっぱいです・・・と思ったとき、

「デザートのお代わりはいかがですか?」

なぬ。そんなアクシデントがあろうとは。もはやお腹はいっぱいです、しかし食べたいのも事実。
こういうときの格言「迷ったら行け」に従い、お代わり。



今度は軽そうです。助かった・・・
上の段はグアバのジュレ?。下の段はムース。今度はさっぱり感のあるデザートで、最後の一押しがお腹に入ります。
ガツンとしたデザートもいいですが、最後は口当たりがさっぱりしたものがいいかなぁ。
大変美味しゅうございました。

食べ終わって一息ついたところで

「デザートのお代わりはいかがですか?」

投了です。もう許してください。こんなサービス過剰でよいのでしょうか。
なんだろう、この食事の終わりが見えない感覚というのは・・・

ああああああああああああああああああああああああああ

某ホテルの惨劇を思い出しそうに。嫌な思い出なんてさよならグッバイ。
でも逃げるな、惨劇に立ち向かえ。


肉料理が終わった当たりまではちょうどいい量でデザートで止めを刺しにくるあたり、差し馬タイプです。
味はかなり美味しい、好きな味です。今度は夜に来たいかなー。
場所はちょっと奥まってはいますが、足を運んだ甲斐があります。
お店の雰囲気もすごくいいし、舌も心も満足できる事うけあいです。
一度は行ってみて、その和んだ雰囲気のなか美味しい料理で癒されてください。
それだけが私の願いです。

「手打蕎麦 しのはら」 / せいろ2007年10月21日 17時01分09秒

今回は漢の某イベントに逝った友人と待ち合わせ、大森の「 しのはら」さんに行きました。
場所は東京は大田区大森のハロワのはす向かいです。

佇まいは古めかしくも風情のあるビルです。



東京はこういった大正や昭和初期の雰囲気のビルが多いですね。映画さながら。
店内には靴を脱いで上がります。中もまた、きれいですけどどこかタイムスリップしたような感じです。



このタイプのお店は初めてかな・・・

今回は基本のせいろを頂きました。



つゆは結構醤油の強い辛口で、ダシもなかなかに効いています。甘さは少なく、切れ味鋭い細身のつゆです。
蕎麦は味、香りともになかなか強く、細身ながら存在感があります。コシは普通でざらつきはやや少なくつるりとした食感。つゆとも相まって、いわゆる「江戸蕎麦」を地で行く仕上がりです。
蕎麦の味や香りだけなら生粉打ちが良いのですが、二八にはその良さ、粋な味わいがありますね。それにヘタな十割よりも二八の方が味も香りも良い事もあったり。。。

さすがは東京の蕎麦、といったところでしょうか。
裏通りのやや静かな通りにあるお蕎麦屋さんですが、大森を訪れたときには押さえておきたいお店ですね。