「きくち」 / 天ざる2007年03月25日 23時01分05秒

野田市の「きくち」さんに行ってきました。
場所は野田市柳沢交差点近く、オフハウスのお隣です。最初は場所が分かりにくいかもしれません。

見た目は民家そのもの。



店内は靴を脱いで上がります。
ふすまを取った居間に20人ほど?あと座敷の個室があります。

今回頼んだのは「天ざる」。普通のよりも少々値が張ります。
先にお蕎麦がきました。



つゆは甘さと辛さがちょうど良く釣り合った所です。ただし、ダシをあまり感じなくなるほどに、滅茶苦茶な濃さです。今まで行った蕎麦屋でも多分1番濃い。
ダシはおそらく十分に出ているのですが、あまりの濃さに霞んでしまうほどです。
すんごい強いつゆです。
蕎麦は味、香りともになかなかのもので、コシは強めです。いわゆる粋な蕎麦ですね。つゆの強さに負けていません。蕎麦もつゆも容赦無しです。
こんなにもつゆがハードなのは、醤油会社のお膝元だからでしょうか?

次いで天ぷらです。



なるほど。いい値段なのはこの量のせいか。この半分でいいのにー。
天ぷらの具材は、しそ、ししとう、れんこん、なす、かぼちゃ、白身魚、えびが2尾です。
少々油を感じるものの、美味しく揚がっています、が、この量なのでかなり重たいです。
天ぷらは他の人と分け合った方が良いかと思います。

総じて、かなりレベルの高い蕎麦です。
禅味会という蕎麦屋さんの同盟?だそうで、互いに切磋琢磨されているということでしょう。
野田まではなかなか行く機会はありませんが、蕎麦屋のレベルは思いのほか高いです。
他にも美味しそうな蕎麦屋があるそうなので、機会を見つけては探してみます。



おまけ。
旧関宿町のお城。



県立の博物館です。
この関宿と言う土地は、利根川と江戸川に挟まれた地域で、昔から水害に悩まされてきたそうで、その治水に関する資料などが展示されています。
文献資料がメインなので少々地味ですが、近くを通ったならば寄ってみた方がいいかと思います。なかなかここまで来る機会も無いと思いますし・・・
なお、天守閣の最上階から、利根川と江戸川に挟まれた一帯を見渡せます。

ちなみに、先っぽまで千葉県かと思いきや、関宿城のところからは茨城県になります。昔の川の形の影響でしょうかね。
利根川沿いの道も、突然茨城になったりしますので、それだけ川の形が変わったってことでしょうか。
何にしても、面白い地域です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2007/03/25/1344906/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。