「カレー南蛮」 / との山2006年12月30日 14時52分40秒

ご存知との山でお昼。
今日は変化球の仲の変化球、カレー南蛮です。
何回も来ている割には手を出していませんでしたので、2006年の締めくくりとして敢えて攻めてみました。



スタンダードなカレー南蛮です。今日は蕎麦の方です。
との山のダシは非常に香り高く、温まると一層花開くのですが、カレー南蛮でもやはり強烈かつ華やかな鰹ダシが香ります。
汁もやはりダシがきちんと効いていて、色物とはいえとの山の蕎麦である事を主張しています。
肝心のカレーですが、辛さはほどほどでダシと相まって旨味を多く含んだ美味しいカレー汁です。豚肉は薄くスライスされてて、脂身がしっかりついているもののカレーなのでしつこさはありません。
蕎麦の方は温かいだけにコシはありませんが、舌触りは失われていません。香りは当然カレーに負けてしまいますけどね。
カレーというとうどんですが、蕎麦でもまあ合わなくはないし、蕎麦の方が胃に優しいかもしれません。
スタンダードではありますが、万人に愛されるものだと思います。
蓬庵のカレーは美味しいけどメチャメチャ辛かったのですが、ここのは大丈夫です。

ただ一つ、非常に重要な事ですが。
カレーうどんは汁を飛ばさずに食べる事が不可能な食べ物ですが、カレー南蛮も同じです。
無駄です。
テーブルの奥のほうに置いて、身を乗り出すようにして食べると被害が小さくてすみます。

2006年の締めくくりとして蕎麦を食べる人は多いと思いますが、体を温める意味では、カレー南蛮も選択肢の一つとしても良いかもしれませんね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2006/12/30/1081424/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。