上様は我々に是が非でも死んでほしいようだ2006年07月11日 01時24分16秒

これはひどい。


自分がリハビリしていながらスルーしていたと言うのもお粗末な話ではあるが。

はっきり言って。
近類稀に見る極めて悪質な改定である!!!



自分がリハビリしているからこそ、その大変さは十二分に身に染みている。
まして脳障害や脊髄損傷などの重度障害の患者は、数ヶ月なんてもんじゃない、恐らくは一生リハビリを続けなければならないだろう。
でも、いつか治ると信じて懸命にリハビリに勤しむ患者に向けて厚生労働省が向けた言葉は―――


「半年で治らなかったらもう諦めて死ね」


と同じ事だ。

あれだ。きっとこれ考えた奴は人の心が無いんだな。じゃなければこんな悪辣な事は考え付かない。犯罪行為に匹敵するかそれ以上。
懸命に前向きに生きようとしている人間にこんな仕打ちをする人間がどこにいようか。全く持って理解に苦しむ。

人の命は金じゃ買えねーんだぞ。



44万人ほどの反対署名を厚生労働省に提出したようが、今のところ厚生労働省はシカトしている。

都合の悪いものは水面下でこっそり進めていきなり突き放す。PSEマークのときにも似たような事やってたな。
こういうところを変えていくのが構造改革じゃねーのかよマシリトよぉ。



これを推し進めた国会議員官僚厚生労働省職員に言いたい。

いっぺん頚椎損傷してみろゴルァ!!!

自分の体が動かなくなる恐怖を体験すれば、二度とこんな下らない事考えなくなるだろ。

そもそも、だ。
のうのうと与える必要の無い生活保護ふんだくってパチンコ三昧している居候風情からきっちり集金もしねーで弱い立場の人間から金取ろうとする性根が腐っとるわ。



秤に掛けていいものと悪いものがあるんだよ。そのぐらい分かれボケ!!!


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://femoralfracture.asablo.jp/blog/2006/07/11/441166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。